掲示板

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    本当の日本人 (水曜日, 23 5月 2012 13:58)

    撫順の真実を暴く会にでも改名なさったほうが宜しいかと思います。

  • #2

    日本を愛する日本人 (日曜日, 28 10月 2012 21:15)

    貴方の証言は共産党による嘘・捏造だと暴露ています。日本国家を転覆させる為に行われているこれらの行為を日本政府はもう放っておきません。覚悟しなさい!

  • #3

    品性の問題 (水曜日, 11 6月 2014 09:25)

    人がどこまで破廉恥になれるかを証明したと思います。
    国を売ってかつての敵国に助命を乞うたなど軍人としていや、人としてどうかと思いました。

    いずれにせよ皆さん生前も死後も日本に帰ってくるべきではなかったと思います。

  • #4

    UKYU (火曜日, 12 5月 2015 17:07)

    こんにちは。
    大日本帝国時代の先輩に、
    「『細菌戦』『化学爆弾戦』は、大日本帝国軍が退いた後の、中華内戦で行われた」と伺いました。

    戦後の兵隊さん達の証言は、特に中華ソ連系は、偽証を恐喝脅迫によって強要されて来た例が多いと伺っています。
    現に、当時証言された場所に居た人が、そこにその時その人は居なかった、等の証言を残しているケースが多々あります。

    大日本帝国軍は、防疫給水部隊設置後の戦術検証の時点で、「化学薬品戦・細菌戦は、実戦には向かない」との結論を出しています。
    防疫給水部隊は、各地で安全な水の供給と、細菌大量培養による「予防注射液製作」で予防注射を実施していました。

    水の供給に関しては、特に山西省などでは、大日本帝国軍だけではなく現地の中華人民達にも安全な水を供給して水不足で困っていた中華人達に喜ばれていたそうです。

    科学的検証と分析の為に、事実を確実に把握する為、「中華内戦での『細菌戦』『化学爆弾戦』の事実」を、偽証や詐称する事なく、事実の通りに御紹介していただきたいと思います。