戦跡・遺跡を巡るー岩手県奥州市

小山飛行場(旧胆沢町小山))               

         

 奥州市胆沢区小山には、終戦間際の1945年建設された陸軍秘匿飛行場があった。

 今この場所には広く田が広がり、当時の痕跡はない。飛行場の跡地ということを示す石碑があるだけである。

 

当時の飛行場建設には県内の高校生が勤労動員され、多くの少年がこの地で飛行場建設に従事している。近年、胆沢区では、当時の記録を保存する運動が行われ、多くの証言を本としてまとめたり、中学校では劇が行われたりした。