写真は瀋陽の九・一八記念館(満州事変の現場)の鐘。9月18日午後9時18分に鐘が鳴らされます。

「不忘九・一八

撫順の奇蹟を受け継ぐ会 岩手支部 からのお知らせ    

 

【日本人戦犯の自筆供述書を公開】            2014.07.22

 →中国 中央檔案館(とうあんかん)(外部リンクです)

中央檔案館では、45人の有罪になった戦犯の自筆供述書の公開を始めました。

中国語のサイトですが、個人のページの右側の「筆供原文」をクリックすると原文を見ることができます。

 

【「戦跡・遺跡を巡る 宮古」を追加】          2012.08.03

 →宮古空襲を訪ねる

 宮古空襲の戦跡を訪ねるフィールドワークを行いました。

 

【「戦跡・遺跡を巡る 釜石」に追加】          2012.06.25

 →釜石の戦跡

 以前に紹介した釜石の被災した武官府跡の解体工事が始まりました。

 被災前と被災後の写真を記録として追加しました。

 

【東日本大震災 被災者支援チャリティ・コンサート】   2011.12.24

 →チャリティーコンサートの報告

 たくさんのご支援、ご協力ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

元日本兵 高橋哲郎さん 証言集会と小冊子が完成       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2010年2月6日に盛岡で開催されました高橋哲郎さん(元中帰連事務局長)の証言集会のDVDと小冊子が完成しました。

 岩手支部では、ご希望の方にこのDVDと小冊子のセットをお届けします。

 

 <代  金> 1,000円(送料込)

 <申し込み> 下記メールアドレスまでお申し込みください

        dera.2135@lime.plala.or.jp(事務局)

        郵便振替の手続きをお知らせいたします  

 

  この代金には、岩手支部の活動へのカンパが含まれています。

 岩手支部では、ほぼ毎年中国撫順への平和の旅を企画しています。特にも若い人たちへこの「撫順の奇蹟」を広く知っていただきたいという思いをもって活動をしています。

 みなさまのあたたかいご支援をよろしくおねがいいたします。

 

<映像・小冊子の主な内容>

・いかにして兵士になっていったか。

・戦後、シベリアでの5年間の生活。

・どのようにして中国へ移管されたか。

・撫順戦犯管理所で何があったか。

・1人の中国人を殺害しなかったのにいかにして「認罪」にいたったか。

      など。

 

・小冊子は、講演内容を起こしたものとなっています。

 

高橋さんは、89歳というご高齢にも関わらず冬の盛岡へお越しくださいました。

 高橋さんの目から見た

 戦中の日本、撫順戦犯管理所の職員、撫順の奇蹟とは・・・。

瀋陽での軍事裁判(1956年)で不起訴・釈放から54年。

今なお反戦・平和への思いを具現化されている高橋さんの貴重な証言をぜひ手とっていただきたいと思います。

 

「中学生、撫順へ」の記録集ができあがりました       

私たちの会が自信を持ってお届けできる

 
 「中学生・撫順へ」の旅の記録集

 

 撫順の奇蹟を受け継ぐ会岩手支部は、昨年の12月に、日本の中学生を連れて中国の東北部へ「平和を学ぶ旅」を行いました。

 現地、中国の中学生たちと一緒に、かつて日本軍が甚大な被害を与えた遺跡を一緒に訪れて、その後に「平和を実現していくうえで何が大事か」という話し合いなどを行いました。

 迎え入れてくださった中国の方々の話では、日本の中学生と中国の中学生が一緒に現地で平和を考える学習をしたことは、たぶん初めてのことではないかということでした。

 

 この歴史的に貴重な旅の記録を、私たちの会がまとめ上げてました。
 この記録を多くの人たちに見てほしいと、次の二つの記録集をつくりました。

 

① 中学生の学習の様子を中心にまとめた約2時間のDVD
② 中学生が綴った記録などを取り込みながらまとめた約200ページの記録誌

記録集とDVD
記録集とDVD

 

無料でと言いたいところですが、作成の経費もかかっています。

第2回目の「若い人たちを撫順へ」の旅の資金集めを兼ねて、

有料で希望する皆さんのお手元にお届けします。

申し込まれる人は、以下のメールアドレスにアクセスしてみてください。

たくさんの方からの申し込みをお待ちしています。


★ 代金

 基本は「カンパ」と考えています。

 

 定価をつけるつもりはありませんが、このくらいではどうですか。

(すべて送料込みです)

 

・DVD 「赦しの花」のCDとセット・・・・1000円くらい

・記録集 ・・・・・・・・・・・・・・・・・1500円くらい

             (結構、印刷製本代がかかっていますので・・・)

・DVDと記録集の両方・・・・・・・・・・・2000円くらい

 

★ 申し込み方

以下の私たちの会の事務局のメールアドレスに申し込んでください。

送金の仕方などは、その中でお知らせします。


    dera.2135@lime.plala.or.jp

 

この貴重な記録を多くの皆さんに見てもらえたらうれしいです。